1. HOME
  2. コラム
  3. 千里北公園(みんなが好きな千里の公園‐3)

COLUMNS

コラム

千里北公園(みんなが好きな千里の公園‐3)

千里ニュータウンの中で最大の公園。30ヘクタールもあります。甲子園球場7.7個分!千里ニュータウンの隣にある万博記念公園(264ヘクタール)には負けますが、とにかく広々ろしていて、ワイルドなのびのび感が持ち味の公園です。

北千里駅から北に歩いて5分あまり。公園南側の入口の周辺は、広い芝生や、起伏に富んだ丘が広がっています。冬には凧揚げに来る人もいますよ!奥のほうにいくらでも場所はありますから、人のじゃまにならないように広々と楽しんでくださいね。

北側の稜線に向けて上っていくと、そこは箕面市との市境。ここは吹田市の一番北でもあります。高い場所から南西に向けて広がるパノラマは、大きな気分になれることうけあい!タワーマンションが見えるのは、千里中央あたりです。

広い公園なので、中には大きな池が2つもあります。北側にある大きな池は、蓮間池(はすまいけ)。冬には野鳥の観察ポイントになります。北千里市民体育館、北千里市民プール(夏のみ開場)、自然体験交流センター(もくもくの里)もこの池のまわりにあり、自然に囲まれたスポーツゾーンになっています。

南側の入口から東に向けて上っていくと、不思議な白い鉄骨のてっぺんで、黄色い羽根がくるくると回っています。これは1970年、ニュータウン完成記念に設置されたアートの一つ、新宮晋さんの『風の道』です。風で動く新宮さんの作品は、関西空港でもおなじみです。

千里北公園、この『風の道』あたりで終わりかと思ったら、まだまだ南東側にも続いています。公園東部地区の一角は「苗圃(びょうほ)」と言って、街路樹になる苗木を育てています。その南側の大きな池は、水遠池(ずいおんいけ)。池の向こうに見えるのは、大阪大学吹田キャンパスです。この池の南端までが、千里北公園。立入が制限されている一角もありますが、この中を歩き回るだけで、すごくいい運動になりますね。

広い!ながめがいい!ワイルド!


撮影:奥居武

いろんな見どころが隠れています


撮影:奥居武

夏の市民プールは郊外ならではのスポット


撮影:奥居武

くるくる回っているのは『風の道』(作:新宮晋)


撮影:奥居武